ダラぼーPHOTO 

 

38  内間木洞氷筍           久慈市山形町小国地内 25.2.10

 

毎年、この時期に年1回しか観察会を実施しないので、何時か訪れ

ようと思っていた。目的地まで、片道140km、冬の山道なので4時間。

1泊2日。受付1時間前に到着すると、駐車場は既にほぼ満杯状態。

受付をすると、既に100番台になっていた。ヘルメット数に限りがある

ので出て来る人待ちでの順番。防寒対策、ヘル着用万全で、いざ入洞。

いきなり別世界になり、自然の芸術を堪能した。これ日本の秘宝、必見。

←画像をクリックすると大きな画像で見られます。

 

 

37  鬼が城              岩手山25.1.21

 

1月晴天の日相の沢牧野春子谷地展望台に一年ぶりに訪れた。

岩手山の頂上東側に見える「鬼が城」が、手元のカメラズーム

(35x OPTICAL ZOOM)でどのくらいに見えるか?試しに撮って

みました。三脚なしでエイヤ!と撮った画像です。荒々しい冬の

鬼が城の様子が見えます。偶然ですが、鬼が城不動平分岐の

標識が写っていました。

←画像をクリックすると大きな画像で見られます。

 

36  2013カレンダ       (ここは表紙だけ)

 

ダラぼーオリジナル 2013カレンダ の画像データの提供は締切ります。

表紙の画像は雫石町 男助山 (おすけやま)の山頂に祀られてある権現様
です。標高758.4mと低い割に山が険しい為か、登山者は非常に少ない
ようですし、マムシやヤマオヤジが多く潜んでいるらしい。

 

35  先客              和賀地内24.11.22

 

11月末、シーズン最後のつもりで和賀地内を訪れた。

盛岡市内に積雪が無くても、流石に奥羽山系の麓は、積雪があった。

いつもの目的地に通じる、川に渡した丸木橋を渡ろうとしたら、先客がいた。

足跡を見るとそれは人間ではなかったのです。

「えっ、まだ冬眠してないの?」思わず聞こえよがしに、叫んでいました。

この日は、直ぐに別の場所に移動しました。

←画像をクリックすると大きな画像で見られます。

 

34  蘇民祭の護符       花巻市石鳥谷町

 

岩手県内の蘇民祭の護符に使われる木は「ヤマナラシ」

だということがわかったので、花巻市石鳥谷町五大堂の

光勝寺にお邪魔して住職にお話を伺った。

信州上田の国分寺で受ける護符の「蘇民将来」は有名

で、やはり「ヤマナラシ」を材料とするとのこと。

 

 

33  雀と餌台           市内24.12.9

 

積雪の朝、雀達が何回も餌台を見に来ては去り、また

戻って来ます。

何回来ても今日は有りませんよ!

 

 

 

32  サンピラー              市内24.12.15

 

氷点下20度近い朝、ダイヤモンドダスト(空気中の水蒸気が

凍って太陽の光に反射し キラキラ輝いて見えるもの)に太陽

光が反射することで柱状に見える現象が見られた。大気光学

現象の一種。日出又は日没時に太陽から地平線に対して垂直

方向へ炎のような形の光芒が見られる現象で、サンピラー現象

言う。